ケガの予防のために道具を揃えよう

サッカーやフットサルの練習中に、思わぬ相手選手のアグレッシブな接触から足首を痛めてしまったという経験は決して珍しくないことでしょう。スポーツにはケガはつきものではります。

ケガはなるだけ未然に防ぎたいものではありますが、万が一、ケガをしてしまったという時のために、テーピングなどの応急処置ができるような道具を一式揃えておくことをおススメいたします。

軽い捻挫などのケガでしたら、テーピングを行わない場合もあります。そのようケースでは、コールドスプレー、氷のうなどで患部を冷やすことで痛みを和らげます。一般的なテーピングテープには、のりのような粘着力がありますので、男性などの体毛はシェイバーなどで処理する必要性もあります。

シェイバーなどを利用することが難しいのであれば、テーピングをする前にアンダーラップテープなどで皮膚を保護いたしましょう。

時には、テープの摩擦などを防ぐためにワセリンなどを利用することもありますので、練習を行う際にも捻挫の応急処置ができるぐらいの道具を一式揃えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です