気軽に楽しむフットサル

フットサルは、1チーム5人で戦うゲームであります。サッカーは1チーム11人制ですので、サッカーのミニゲームといったような感覚で楽しまれていたようです。フットサルは1930年にウルグアイで生まれたと言われております。

それまでもサッカー好きの子どもたちは、街中の空き地などでミニサッカーゲームを楽しむ姿があちらこちらでみられていたようです。現在のフットサルは、それ以前から人々の間でストリートサッカーとして身近に親しまれていたようです。

子どもたちは正式なルールがなくとも、正式なボールがなくとも、正式なフィールドがなくともボールのような形をした丸く蹴ることができるものがあれば、フットサルのようなゲームを遊として楽しんでいたようです。

フットサルは、世界中の子どもたちが、ボール1つあるだけで街中の空き地などで気軽に夢中になれるスポーツです。

現在、日本でもフットサルのクラブチームやフットサル専用のコートが、数多く展開しておりますが、本来は街角、空き地、ビーチなどのせまいスペースで、特別な道具や器具がなくとも気軽に楽しめるのが、フットサルの一番の魅力でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です