右サイド10m付近からのFK

右サイド10m付近からのフリーキックがリスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、キッカーの左前方、中央に③、左側に④が並び、ゴール前には⑤が立つというものです。まずボールを蹴る直前に③と④ がクロスして走り出し、それぞれがゴール前に立っている相手にブロックをかけにいきます。次にゴール前の⑤が下がってきたところへ、タイミングを合わせて②から横パスが出します。最後に⑤がダイレクでシュート。フットサルのフリーキックは、コーナーキックと同じように単純にゴール前にボールを上げるプレーなので、得点に絡む可能性はあまり高くありません。そこで、シュートコースを作り出すために4人全員が工夫して動くことが大事になります。ボールを蹴る前に何をするかを話し合っておけば、ゴールに結びつけられる確率が格段に上がります。もちろんフリーキックはファウルを受けた場所によって変わってくるので、ポジションによって立ち位置の微調整が生じます。ここでもやはり“ブロック”が大事なプレーとなります。フリーキックでブロックをする目的は、相手のマークを固定化すること。ボールを蹴る前に相手選手の動きを止めておけば、シュート役の選手はフリーで打つことができます。敵②と敵③がブロックをかいくぐってきた場合は③と④は敵②と敵③の背後でボールを受けます。そうすればゴレイロとの1対1の状況が生まれ確実に得点に結びつけられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です