ワンツーパスのリスクと有用性

フットサルでは、ワンツーパスと呼ばれるパスをよく使うことが多く、飛んできたボールに対して足を外側から振り下ろすことでボールの勢いを殺し、そのまま同じ足で蹴り返してパスをつなげていくのが、ワンツーパスと呼ばれるものですが、フットサルにおいてはサッカーよりもボールが小さいこともあって、非常に難易度が高く、これをうまく行うことができれば良いわけですが、フットサルという狭いコートの中で相手を避けながら実践形式でワンツーパスを行うのは、とても難しいことであり、成功すれば一気に得点をするチャンスをつかむことはできるものの失敗してしまうと失点に結びつきかねないリスクがあるプレイであるという風に覚えておかなければなりません。サッカーとは異なり狭い中でプレーしなければならないということが一つ難しいポイントであるという風に言えるのではないでしょうか?きちんと力を入れて練習すればできるというものではないのが、ワンツーパスの難しさで状況に応じて判断するということが重要であるという風に言えるでしょう。サッカーとは異なり、開いているスペースが極端に狭いことが多いフットサルにおいては臨機応変に状況に応じたプレーをするということが上達のコツであるという風にいるでしょう。フットサルの場合にはワンツーパスのようなスピーディーに連携しながらプレイできるパスを成功させることが、上級者などにおいては得点のポイントとなっているというふうに言えるわけですが、このような際にも重要になるのが、とにかくボールの中心に足を当てていくことで、コントロールを高めていくという意識を持っておくことが何よりも重要であるという風に言えるのではないかと考えられるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です