ボールを見て周囲を見る重要性

ボールばかり見てしまっていることで、相手が堂々と近づいているのにもかかわらずほとんど視界に入れる事が出来なかったという風に気付く人は多いかもしれません。初心者の場合などには、とにかく意識しようとしても、足先のボールがある一点にばかり意識してしまい、後ろから来た相手などにすぐに抜きされてしまうなどというようなケースもあるようです。残念ながらこのような場合は相手を見るというよりも味方がどこにいるのかを見て相手が向かってくる前に味方にパスをすることができることが、上達の第一歩であるというふうに言えるわけですが、そのような意識を持つことも難しいという風に入れるでしょう。どんな状況であっても、周囲を見渡すことができる人が、フットサルにおいては強いというふうに入れるわけですが、ボールを受け取った状態では周囲に相手がいなかったとしてもある程度をキープしておくとすぐに敵が来ることが多いため、なるべく味方の位置をボールを受ける前から確認しておくことが重要である、という風に言えるでしょう。このような場合にも、ボールをキープしようというふうに考えたり相手を見ようというふうに考えたりどちらか一方を考えるのではなくまんべんなく見渡すということが重要だという風に言えるでしょう。足裏を意識して使うという風に考えると多くの人の場合にはとりわけ初心者の場合にも前傾姿勢になってしまうケースが、見受けられてしまいそのような場合だとボールに上手く力を伝えて切り出すことができなくなってしまうため、なるべく姿勢を上げて明日に備えておくことも重要であるというふうに考えられるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です