左側高位置からのキックイン

左サイドの高い位置からのキックインがスタートのセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。すべてのセットプレーに言えることですが、相手ディフェンスが、ゾーンかマンツーマンかによって戦術を2通り用意するというのが鉄則です。ゾーンを想定したプレーがダメそうと判断したら即座に、マンツーマン向けに切り替えるという事前の話し合いが大切です。そこは1回目のセットプレーで相手方の出方を見て判断することが大切です。今回の場合も相手がゾーンで来る場合を先にご紹介します。⑤がゴール前に、③と④がキッカーより少し下がった位置に並んでいます。そして、②がボールをセットしたら、3人が一斉に動き出します。③は左前方に走り出し、④が敵④にブロックをかけて、⑤はゴール前から右のスペースへ移動します。②から右サイドでフリーになった⑤に浮き玉のパスをし、最後は、⑤がこのボールをボレーシュートします。次に、マンツーマンの場合もポジショニングは、同様ですが②がボールをセットすると同時に、3人が一斉に動き出します。③は左前方に走り出し、④が敵④にブロックをかけて、⑤はゴール前から右のスペースへ移動します。敵⑤が⑤のマークについてきたら、ブロックをかけた④が敵④の背中のスペースに入ります。②からパスを受けてシュートします。ポイントは3人が同時一斉に動き出すこと。左サイドでのキックインの場合、相手のゾーンは左側に寄りますから、右サイドのスペースにフリーができるはずです。マンツーマンで相手がついてきたら、素早く切り替えてブロックしていた選手が、中のスペースに入ってパスを引き出してシュー卜します。左足でシュートを打つことになるので、③は左利きの選手がいれば充てることがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です