相手を止めるには

フットサルで使用する攻撃戦術で代表的なものをいくつかご紹介します。一つ目は、パスのコースに入って、パスカットから行う「カウンター」です。相手はワンツー・パスで前に出ようとしているので、得点のチャンスです。もしも、ワンツー・パスをされてしまったときは、真ん中の選手は自分のマークを捨てて、裏に抜けてきた選手がフリーでプレーできないように防御します。フットサルではワンツー・パスは有効な戦術なので、止め方も覚えておく必要があります。二つ目に、フットサルの上級者がよく使う「スイッチ」です。ボールを持った選手と、ボールを持っていない選手がクロスすると同時にパスを出してボールを持つ選手が入れ替わるもので、マークを外すのに非常に有効な方法です。初心者の多い、あるいは経験の浅いチームは「スイッチ」によってボールを見失って、フリーでシュー卜を打たれてしまうことが良くあります。この「スイッチ」を止めるために大事になるのが”タイミング良く声をかけること”です。マンツーマンでついていても、「スイッチ」をしてきたら素早くマークを受け渡すのが肝心です。三つ目の「ブロック」もフットサル上級者の戦術です。セットプレーのときに使われることが多いですが、インプレー中にもこのように巧妙にブロックを行ってマークを外してくるチームがあります。「ブロック」で進行方向をふさがれたら、それまでマークについていた選手がつくのは難しくなるので、素早くマークを切り替えます。「フロック」で空いたスペースに入ってきた選手には、必ず1人が寄せてフリーでプレーできないようにします。2人以上でいくと他のマークが空いてしまうので、いちばん近くにいる選手がアプローチするのが原則です。また、「ブロック」はルール的には反則スレスレのプレーとなるため、もしも手で突き飛ばしてきたり、体をつかんだりしてきたら、審判にアビールします。そうすれば、次からは審判もブロックに敏感になるので、相手もむやみに、やってこれなくなります。相手の得意な武器を断つのも、勝つためには重要な戦術と言えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です