上半身の姿勢をキープ

フットサルでは、普段と同じように蹴っていてもどうもボールが横に行ってしまうというような考えを持つ人は多いかもしれません。こういう場合は、大ていで下半身側に問題がある場合が多く、ボールを見よう見ようと思うからあまりに前かがみになってしまうというような場合があるようです。フットサルにおいては前かがみになってしまうとボールの中心にキックを当てることは難しくなってしまい、中心に足が当たらないということは当然のことながら、きちんとボールを目標とする方向に蹴り飛ばすこともその強さを増すことも難しくなってしまうわけです。そういう意味では特に下半身の姿勢にも意識を置いておくことは重要だというふうに言えるでしょう。前傾姿勢にならないようにきちんと顎を引いておくことが重要だというふうに言えるわけです。自分自身が正しい姿勢でプレーしているかどうかを実戦形式の練習や試合の中でも意識しておくと色々なことに気がついてくるかもしれません。それくらい上半身の構えというのは特に重要であるという風に言えるのではないでしょうか。実際のところ、下半身に関して言えばボールを受ける際にはとにかく膝から下に注意を集中させて、ゴルフのパターのように一旦自分自身の身体ではあるというような意識を捨ててから、取り組むようにすると途端に安定してくることもあるというふうに聞いたことがあるような気がします。このような考え方は、様々な競技でも実践されており、自分自身の意識があまりにも一点に向かいすぎると集中できなくなることを回避するための策である、という風にも聞いたことがあるような気がします。このようにしてしっかりと自分自身をコントロールすることも、何よりもポイントであるという風に言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です