押さえておきたいフットサル用語

フットサルでも様々な用語が使われています。
ここでは、その中からまずおさえておきたい用語いくつかを、簡単にご紹介していきましょう。

・JFF
「Japan Futsal Federation」の略で、「日本フットサル連盟」のことをさしています。

・落とす
前のほうにいるプレーヤーが、後ろのほうへいる味方プレーヤーにパスを回すことをさしています。

・遅らせる
相手チームのプレーヤーの前に立ちはだって進路を妨害する(ブロック)など、相手チームが自チームのゴールへ近付いてくるのを遅らせることをさしています。

・切る
「コースを切る(相手チームのパスコースを妨害すること)」、「プレーを切る(キックインやコーナーキックに持ち込ませるべく、ボールをピッチの外に出すこと)」などのような意味で使われます。

・絞る
自チームのプレーヤー同士の距離を縮めることをさします。
絞ることで、他のプレーヤーをフォローしたり、味方との間にボールを通しづらくしたりなどの効果があります。

・抜ける
後ろのほうのプレーヤーが、ボールを持っていない状況で、前のほうに動くことをさしています。

・スルー
ボールが近付いてきても、わざとそのボールに触らないようにするような動きのことをさしています。

・シュートパス
ゴール近くにいる味方プレーヤーに出す、シュートにつながるようなパスのことをさしています。

・フェイク
自チームのプレーヤーからパスをもらうことを目的として、パスが欲しい場所と異なる方向に動くことで、意図的にパスを受けるための空間をあけることをさしています。

・ブロック
前に立ちふさがるなど、体をつかって相手チームのプレーヤーの進行方向を妨害して進路を妨げるようにする動きのことをさしています。

・ワンツー
パスを受けたプレーヤーが、受けてすぐにパスを打った選手にパスを返す動きのことをさしています。

・キックイン
タッチラインを越えたボールをピッチ内に蹴り入れ、プレーを再開することをさしています。
サッカーでいうところの「スローイン」にあたるものです。

・クリアランス
「ゴールクリアランス」とも言います。
ゴールラインを越えたボールをゴレイロがピッチ内に投げ入れ、プレーを再開することをさしています。
サッカーでいうところの「ゴールキック」にあたるものです。

・コーナーキック
守備を行っているチームのプレーヤーがゴールラインからボールをピッチ外へと出した場合、攻撃を行っているチームがコーナーからボールをピッチ内へと蹴り入れることをさしています。

・フリーキック
相手チームのプレーヤーが反則行為を行った場合、反則が行われた場所から自由に蹴ってプレーを再開することをさしています。

・PK
サッカーと同様に「ペナルティキック」のことをさしています。

・パウ
サッカーでいうところの「ゴールポスト」のことをさしています。
またフットサルにおいてはサッカーよりもゴールが狭いこともあって、シュートを打ってもゴールポストに当たってしまうことが多いことから、「はね返ってきたボール(いわゆる「こぼれ球」)を取れ」というような意味で使われることもあります。

・パワープレー
通常であればゴールをを守るポジションである「ゴレイロ」が前のほうに動き、相手チームのゴールへ総力戦で攻め込む戦術のことをさしています。
総人数が少ないフットサルにおいては、パワープレーを行うことで得点につながりやすくなります。
その反面、自チームのゴール前ががら空きになってしまうことから、ボールを奪われてしまうと一気に形勢が逆転し、点を取られやすくなってしまうため注意が必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です