試合前のミーティング

フットサル大会前のうまくいくミーテイングのコツは、ダラダラと喋り過ぎないことです。 10分も20分もダラダラと喋っていると 、本当に何が言いたいのかボヤけてしまうもの。 ミーティングはポイントを絞って5分ぐらいで簡潔にまとめるといいです。また、話に集中できる場所でミーティングしましょう。 他のチームの試合が目に入る場所や、人がたくさん通る場所では別のことが気になって上の空になりがちです。話に集中できる場所を見つけておこう。うまくない選手の名前を呼ぶのもいいでう。 ミーティングではうまくない選手の名前をたくさん呼んであげるのがポイントです。「自分もチームの一員なんだ」という気持ちが強くなり 、一体感が出る。チーム内の目的意識を統ーすることがミーティングの最大の目的です。「楽しく蹴りたい」「体を動かしたい」などハラハラの気持ちを「勝ちたいという方向に導こう。大会の行方を大きく左右するのが、朝イチで行われる予選リーグの 1試合目です。ここを落とすとそこで大会が終わることもあるので、 1試合目も全力で戦いたい。そのための1試合目のミーティングが非常に大事です。フットサル大会でチームを強くするための一番の近道が、全員が攻守の切り替えを早くする意識を持つことです。その日のチームの“メインテーマに設定してしまうのもオススメです 。

試合前はみんなのモチベーションがラだったりします。優勝をマジで目指している人もいれば、単純にボールを蹴るのを楽しみにしている人もいる。このようにみんなの気持ちがバラバラのまま初戦に臨んでしまうのはよくありません。なので、初戦の前にチームの中で必ずミーティングをしましょう。そうすればチームの雰囲気もよくなります。