マークの受け渡しをスムーズにしよう!

ソーンディフェンスでは、ピッチを対角線上にラインを引いたようなイメージで4人が自分の担当ゾーンを決めておきます。マンッーマンに比べると運動量を抑えられるため、体力に自信のないチームにはソーンがオススメです。ただし、マンツーよりも”あ・うんの呼吸”が求められます。ゾーンとマンツーマンの決定的な違いは“受け渡し”があること。例えば、自分のソーンにいた選手が、他の選手のゾーンに入ったら、そのマークを他の選手に受け渡し、自分は次の相手につきます。マークを安け渡すときは後ろの選手がついていこうとしている選手に戸をかけましょう。この声掛けができていないとマクが浮いたり、重なったりする原因になってしまいます。強い相手でもソーンで運動して守ることができれば勝てるチャンスはあります。4人がつの生命体のようにスムーズに受け渡しとカバーリングができるのが理想的です。

マンツーマンの基本原則

自分の担当する選手を決めて、その選手についていく守り方をマンツーマンと言います。 相手に合わせて動く分、確実性は高いです。11の強さとスタミナに自信のあるチームにはオススメです 。マンツーマンの基本原則は人にしっかりとつくことです。初心者のチ―ムではこれがいいです。フットサルは狭いピッチで人が細かく、1人でもマークをサボってしまったら 即失点につながるぐらい難しいものです。まずは 1人についたら最後まで離さないという 責任感が大事になります。マークを4人全員が持つことが大事になります。ピッチに入る前に、自分のマークを決めてしまうこと。臨機応変さも求められます。