押さえておきたいフットサル用語

フットサルでも様々な用語が使われています。
ここでは、その中からまずおさえておきたい用語いくつかを、簡単にご紹介していきましょう。

・JFF
「Japan Futsal Federation」の略で、「日本フットサル連盟」のことをさしています。

・落とす
前のほうにいるプレーヤーが、後ろのほうへいる味方プレーヤーにパスを回すことをさしています。

・遅らせる
相手チームのプレーヤーの前に立ちはだって進路を妨害する(ブロック)など、相手チームが自チームのゴールへ近付いてくるのを遅らせることをさしています。

・切る
「コースを切る(相手チームのパスコースを妨害すること)」、「プレーを切る(キックインやコーナーキックに持ち込ませるべく、ボールをピッチの外に出すこと)」などのような意味で使われます。

・絞る
自チームのプレーヤー同士の距離を縮めることをさします。
絞ることで、他のプレーヤーをフォローしたり、味方との間にボールを通しづらくしたりなどの効果があります。

・抜ける
後ろのほうのプレーヤーが、ボールを持っていない状況で、前のほうに動くことをさしています。

・スルー
ボールが近付いてきても、わざとそのボールに触らないようにするような動きのことをさしています。

・シュートパス
ゴール近くにいる味方プレーヤーに出す、シュートにつながるようなパスのことをさしています。

・フェイク
自チームのプレーヤーからパスをもらうことを目的として、パスが欲しい場所と異なる方向に動くことで、意図的にパスを受けるための空間をあけることをさしています。

・ブロック
前に立ちふさがるなど、体をつかって相手チームのプレーヤーの進行方向を妨害して進路を妨げるようにする動きのことをさしています。

・ワンツー
パスを受けたプレーヤーが、受けてすぐにパスを打った選手にパスを返す動きのことをさしています。

・キックイン
タッチラインを越えたボールをピッチ内に蹴り入れ、プレーを再開することをさしています。
サッカーでいうところの「スローイン」にあたるものです。

・クリアランス
「ゴールクリアランス」とも言います。
ゴールラインを越えたボールをゴレイロがピッチ内に投げ入れ、プレーを再開することをさしています。
サッカーでいうところの「ゴールキック」にあたるものです。

・コーナーキック
守備を行っているチームのプレーヤーがゴールラインからボールをピッチ外へと出した場合、攻撃を行っているチームがコーナーからボールをピッチ内へと蹴り入れることをさしています。

・フリーキック
相手チームのプレーヤーが反則行為を行った場合、反則が行われた場所から自由に蹴ってプレーを再開することをさしています。

・PK
サッカーと同様に「ペナルティキック」のことをさしています。

・パウ
サッカーでいうところの「ゴールポスト」のことをさしています。
またフットサルにおいてはサッカーよりもゴールが狭いこともあって、シュートを打ってもゴールポストに当たってしまうことが多いことから、「はね返ってきたボール(いわゆる「こぼれ球」)を取れ」というような意味で使われることもあります。

・パワープレー
通常であればゴールをを守るポジションである「ゴレイロ」が前のほうに動き、相手チームのゴールへ総力戦で攻め込む戦術のことをさしています。
総人数が少ないフットサルにおいては、パワープレーを行うことで得点につながりやすくなります。
その反面、自チームのゴール前ががら空きになってしまうことから、ボールを奪われてしまうと一気に形勢が逆転し、点を取られやすくなってしまうため注意が必要となるでしょう。

シンプル

その名の通り「シンプル」ですがチームにシュート力のある選手がいるときは、最も点数が決まりやすい王道のセットプレイパターンなので、まずはこの流れを覚えることをオススメします。

右サイドの高い位置でのキックインを想定します。まず、ゴール前に1人、左サイドに1人、中央のキッカーの斜め下に1人でポジションをとります。中央の選手がシューターになります。この選手が後ろから走り込み、そこにキッカーがマイナスにボールをチョンと蹴り出します。あとはダイレクトか1stディフェンダーをかわしてシュートするというシンプルなもの。

このパターンが読まれた場合、走り込んだ選手がシュートをうつ振りをして、ヒールでキッカーとワンツーをし、ゴール前の選手にダイレクトで繋ぐやり方もあります。ボールを受けたゴール前の選手は前を向けるなら、自らシュートに行っても良いですし、それが難しい場合は左サイドの選手に落としてシュートを打たせることもできます。

パラレラとは

劇的アドバイス➡スピードの暖急をつけて走りこもう!

パラレラとはポルトガル語で「並行」という意味で、サイドラインと並行にパスを出ことを表しています。パラレラをする 目的はサイドでフリーの選手を作り出すこと。サイドにマークを引きつけたところで、裏のスースに飛び出してシュー卜するというプレーです。チーム内にシュートカのある選手がいるときは、この形からどんどん打たせてみるのも面白いかもしれません。気をつけたいポイン卜は、 ②の選手が全速:力で走らないこと。サイドにパスを出して、まっすぐ抜けるところまではパスの出し手の目を見ながらゆ っくり 自に走って、そこから右前方のスペースまではスピードアップしてパスを受けるイメージです。③から ②への縦パスは、腰の高さぐらいを狙って浮き球にするのがベス トです 。相手の足に当たらないようにするのはもちろん、パウンドしたポ ルはスピードが落ちるので、カバーの選手が飛び出しづらくなります。

シチュエーション スイッチの止め方を教えて!!

劇的アドバイス➡〝守備側もマークを〝スイッチ″する。

ボールが出た瞬間に指示を出す。

フットサルの上級者がよく使うのがスイッチです。ポールを持った選手と 、ポールを持っていない選手がクロスすると同時にパスを出してボールを持つ選手が入れ替わる。マークを外すのに非常に有効な方法です。

初心者のチームやフットサル 経験の浅いチームはスイッチによって ボールを見失ってフリーでシュー卜を打たれてしまうことが良くあります。このスイッチを止めるために大事になるのが “タイミング良く声をかけることです。イラストのように敵がドリプルで仕掛けてきたら ④は中にカットインしてくるのを最初に止めようとします。敵のマークだったは⑤コースがないので追いかけられません。:⑤は敵がパスを出したら④に「代われ」と指示を出します。①は敵@の前方のスベー:スをカバーし、敵には⑤がつきます。マン・ツーマンでついていても、スイッチをしてきたら素早くマークを受け渡しましょう。

マークの受け渡しをスムーズにしよう!

ソーンディフェンスでは、ピッチを対角線上にラインを引いたようなイメージで4人が自分の担当ゾーンを決めておきます。マンッーマンに比べると運動量を抑えられるため、体力に自信のないチームにはソーンがオススメです。ただし、マンツーよりも”あ・うんの呼吸”が求められます。ゾーンとマンツーマンの決定的な違いは“受け渡し”があること。例えば、自分のソーンにいた選手が、他の選手のゾーンに入ったら、そのマークを他の選手に受け渡し、自分は次の相手につきます。マークを安け渡すときは後ろの選手がついていこうとしている選手に戸をかけましょう。この声掛けができていないとマクが浮いたり、重なったりする原因になってしまいます。強い相手でもソーンで運動して守ることができれば勝てるチャンスはあります。4人がつの生命体のようにスムーズに受け渡しとカバーリングができるのが理想的です。

マンツーマンの基本原則

自分の担当する選手を決めて、その選手についていく守り方をマンツーマンと言います。 相手に合わせて動く分、確実性は高いです。11の強さとスタミナに自信のあるチームにはオススメです 。マンツーマンの基本原則は人にしっかりとつくことです。初心者のチ―ムではこれがいいです。フットサルは狭いピッチで人が細かく、1人でもマークをサボってしまったら 即失点につながるぐらい難しいものです。まずは 1人についたら最後まで離さないという 責任感が大事になります。マークを4人全員が持つことが大事になります。ピッチに入る前に、自分のマークを決めてしまうこと。臨機応変さも求められます。